「1日30分」を続けなさい!人生勝利の勉強法55 TOEICを学習するコツ 初心者の英語学習近道

      2016/08/30

勉強をする方法として継続が必要と言われます。
確かに、これはとっても重要なのですがどういった考え方で行うのか。

著者は古市幸雄氏。
彼は、プロフィールによると下記を学習をしてきたようです。

MBA、TOEIC980点、英会話はビジネス英語レベル、中学と高校の教員免許、MCSE、MCDBA、MCSD for Microsoft .NET、サンマイクロシステムズ認定Javaプログラマ

英語だけではなくコンピューター系の資格も持っているようです。
個人的にはそっちに興味がありますが、

 

勉強をする気持ちになるコツ

習慣化するための方法としては本書は1日30分というのが答えです。
1日5時間も勉強をしていれば、嫌になる。

このような習慣をつけて、徐々に実力をつけるということが重要なようです。

本を購入をして読み切るコツとして、毎回1冊を買ってから読みきってから次を購入をする。
確かに、これは個人的にも経験があります。

いっぱい買って、結果として読めないし読まない。
そうすると、その本はいつもある場所に置いてあり読む気にならない。

勉強の成果の方程式
y(成果) = a(教材・サービスの質) x b(集中力) x time2(勉強時間の二乗) + c(過去の蓄積)

結論から言えば、勉強時間が重要ということです。

 

勉強の効率化、コツ

本書では身銭を切って勉強をすることをすすめています。
やはり、自分で金を払って勉強をするとやらないといけないと思うからです。

自己投資を惜しむなということです。
今の自分の収入や成果は5年前の自分のフィードバックだという。

そして、時間の捻出のためにテレビを見ないこと。
テレビを見なくなると、忙しいと思っていた時間が手持ち無沙汰になるということです。

なぜ、毎日30分かというと集中できる時間がそれくらいだからです。
やる気が起きない時には、2、3日勉強をしないようにするとやる気が起きてくる。

 

長期計画型プラン

1日の勉強時間にしては少ないかなという時間の抑えること。
これを毎日実行するというものです。

殆どの学習効果ができない場合、学習時間が圧倒的に少ないということがあります。
1000時間学習をしないといけないのが一般的か。

英語では大体、習得するには1000時間必要だと言われています。
これはどんな勉強でも同じで、それだけの時間をつかわないいけないようです。

勉強をする時に決めるべきこととは

1 行先を決める(ゴールを決める)
2 ルートを決める(やり方を決める)
3 アクセルを踏む(アクションを起こす)

 - 英語学習本 , ,