おすすめはどっちカフェ・マンツーマン英会話vsインターネット 月謝やデメリットから勉強法でネイティブがいいのか!東京と大阪の大都市でどっち

   

カフェ英会話が流行する理由

1 安い
2 自分で講師が選べるケースがある
3 自分のペースや目的に合わせてレッスンができる

昨今、スタバやタリーズなどで英会話講師を見る事があります。
しかし、同時にトラベルも多発をしておりデメリットについても深く検討をしたいと思います。

カフェ英会話のデメリットは、真面目に英語勉強をしたい人に向かない

大手英会話学校は恋愛禁止をしています。
最大の理由は、トラブルとなった事例が多いためです。

特に、講師が直接女性を口説いて妊娠をさせて帰国をさせてしまうというヒドイ事例もあり大手では賠償をしたくないというものです。
そこで、こういった厳格な個人間の契約で終わるカフェ英会話という形式が講師側としても人気です。

そこで、男女共に気をつけたい部分を書いていきたいと思います。

1 場所を交渉しない
2 料金を交渉しない
3 外見で選ばない
4 積極的にしゃべり、勉強として捉える(元を取ろうとする)
5 友達になろうとしない
6 デートだと思わない
7 レッスンをしても、結局はアウトプットだと思うこと

複数人の日本女性と付き合っているという英会話講師は多いです。
これは、フランス語や英語のような男性講師は多いのです。

自宅に行く、又は招き入れるというのは危険です。
男性講師がよく使う手が、映画を一緒に自宅で見ないかというものです。

 

 

カフェ英会話でおすすめ講師選び

女性なら女性がいいでしょう。
また、男性も女性がいいかもしれません。

男性講師のほとんどは、残念ながら日本にいる時点でエリートとは言えません。
英会話講師を日本でして、アメリカで成功をしたという人を聞いたことがないのはそのためです。

アメリカ人はアメリカ本土でキャリアを積むというのが、彼らなりの成功プロセスです。
他の国でも同様です。

法人で英語講師を派遣をして貰って、ウクライナ人が来たことがありました。
私は聞いていて、強烈なロシア語アクセントでとても聴けてものではなかった。

ところが、どんな変な外国人でも日本人はそれが英語講師となると先生なので文句がないことがあります。
どこの国でも女性は真面目で、女性講師はすごく丁寧に教えてくれます。

男性講師を選ぶということはおすすめしません。

 

 

個人的な体験談

留学前に一度、カフェ英会話なるものをやったことがあります。
その講師は男でしたが、やる気が全くない。

とにかく、いい加減で結局1ヶ月で辞めました。
ある日、同じカフェでたまたま彼を見ました。

その時に女子大生か、若いOLの女性とカフェ英会話をしているのですが積極的に話をしている。
私の友人も同じ講師とレッスンを受けていたのですが、彼が言うには「男には興味が無いんだよ」と一言。

要するに、出会いの場を金を貰ってやっているようなもので不愉快でした。
男性の場合は、モチベーションが上がるなら女性講師。
真剣に勉強するならオンライン英会話が安くておすすめです。

 

高品質の英会話講師を面接をしてというウソ

アメリカ、イギリスなど英語を母国語としている外国人であれば発音は間違いなくネイティブです。
ホームページを読んでいると厳選した講師と書いていますが、絶対に違うと思うことがあります。

日本語を教える場合は、日本語教師養成講座のようなものに通ってなれます。
ところが、アメリカ人で特に文学や言語学を学んでいないような外国人が教えているわけです。

大学を聞いて、学部を聞いても教えるスキルはなさそうな人が多い。
では、なぜ英会話をするのかと言えば自分で勉強をしたことをアウトプットをして通じるかを確認するだけの話です。

田舎だけではなく大都市圏でも断然、今ならオンライン英会話がおすすめ

フィリピンやマレーシア、アメリカなど様々な国の人物と英会話をマッチングさせるサイトが多くあります。
格安ですし、もう一つは思わぬインテリに会うこともあります。

アメリカなどでは腐るほど大学卒業をしている人物はいますが、同時にフィリピンとなるとエリートです。
貧富の差があるからだろうと思いますが、私はフィリピン人の英語が聞き易しい良いと思います。

ネイティキャンプ

 - 英語教材・サービス