中学レベル教科書からの英語勉強方法

      2016/10/27

中学レベルの英語からつまずく理由

中学生が習う英語というのは積み重ねれば点数が取れる科目です。
ある意味、下がりやすい科目でもあります。

そこで、途中の主語、動詞の簡単な内容は誰でも理解ができます。
関係代名詞や現在進行形、完了形などでつまずくことが多くなります。

その時に足りないものは二つ。

1 単語を覚えていない
2 文法が理解ができない

これをしっかりと理解をすることで、ほとんどの中学レベルの英語はマスターしたと言っていいでしょう。

 

中学生が最低限度行うべき学習法

社会人にも応用が効く、学習の基本とも言うべきないよう。

1 音読をする

本や人によって違うが、3回から20回程度音読をする。
教科書をとにかく音読する。

何度も何度も読んでいると感覚的に中学生レベルの英語であれば理解ができる。

2 英単語を覚える

音読後に、意味を理解をする。
これにより概要が分かる。

そして、単語は中学生レベルは簡単なのでそこそこ理解ができるようになる。

3 教科書に準拠した問題集を解く

一つの問題集を3回程度繰り返し解く。
これにより、理解度が深まる。

 

中学生レベルで一つチェックをすること

英検やショートテストを自分で行う。
教科書を丸暗記する。

こういった繰り返しである程度簡単に勉強ができるようになります。

勉強とは、分からないことを分かるようにするものであることを理解しましょう。

社会人にも、中学生にも理解できる英語

中学生レベルから完全網羅をしているサービスがスタートをしました。
定評がある講師がレベルに応じて教えてくれます。

よく社会人は中学の教科書を購入をしてイチから勉強をしていましたがスタディサプリ英語はこのニーズにマッチしたものとなりました。

スタディサプリ
2016-10-27_014045

 - 英語学習