最強の英語上達法 基礎から英語勉強、初心者の仕方は地道でいい

      2016/09/12

この本では、手を抜くことが効率的な努力ではないと説いています。
つまり、楽をして上達をするものではない。

しかし、効率的に習得をしたいという心情も理解できる。
じっくり勉強をする。

正しく認識をするということです。

 

英語学習に関する迷信

・ 日本人は英語ができない
・ 英語ができなければならない
・ ネイティブの英語がいつもお手本になる
・ 英語は若いころでないと身につかない
・ アメリカやイギリスへ行けば英語ができるようになる
・ アメリカやイギリスに暮らしていれば英語ができるようになる
・ アメリカやイギリスへ行かなければ英語ができるようにならない
・ 英会話のほうが読み書きよりも難しく、かつ重要である
・ 英会話は2000語もあれば十分である
・ 受験英語は役に立たない

他にも書かれていますが、こういった迷信は確かにあります。
特に、海外へ行かないといけないというのは迷信としては事実だろう。

日本で育って、日本で勉強をしてネイティブ並の英語になった人もいます。
もっとも難しいと言われる同時通訳になった人もいます。
結局、信じて学習することが最も重要だと言えるのでしょう。

 

どの程度までいけば、英語ができるレベルなのか

会話をそのまま文書にしても文法的に正しい文になっている。
つまり、言い換えればブロークンではないということだ。

ネイティブの人がしゃべっているレベルの文という意味になります。
その時に文法や品詞、構文などです。

きちんとした英語をしゃべれるというのは、きちんとした勉強が必要です。
ブロークンで話せるのは確かに話せるでしょう。

しかし、それではビジネスなどでは使えないことになります。
話し手の教養とも言えます。

 

文法を学ぶ・単語を覚える

いつも文法書を一冊置いておくこと。
これが一番だということのようです。

短文集を覚える。
これは、マンガ「ドラゴン桜」にも出てくる英語学習の方法です。
ドラゴン桜の場合は例文100でした。

単語帳については、どれがいいということは記述をされていません。
1日40語を基本として覚えることをスケジュールするように言っています。

声に出して覚えることを推奨をしています。

スペルなどを覚えるには、睨んで覚えると表現をしています。
つまり、眺めて音読をしながら覚えるのでしょう。
日本人で一般的なのは、書いて覚えるというものだ。

感情移入をして音読をすることと説明をしています。

■ まとめ

結局は、一般的に言われていることをやる。
そして、英語を勉強をする。

これだけのことなのでしょう。
マジックはないということでしょう。

 - 英語学習本 , ,