英単語が覚えられない人必見!ビジネスマンのための暗記法と勉強法

   

忘れることを前提として覚える

エビングハウスの忘却曲線というものご御存知でしょうか。
簡単に言ってしまえば、時間経過をするとドンドンと忘れてしまうというものです。

よって、忘れることは別に普通のことなのです。
そこで単語帳を眺めることで覚えるという方法があります。

忘れるが、同時に覚えるために毎日覚えていくという繰り返しを行うのです。

グーグル副社長だった村上氏がこの単語帳を覚えるのではなく、読むことで2年で1万語を覚えた方法があります。
これは非常に有効なのです。

村上式シンプル英語

 

自分の単語帳を作る

ある程度覚えると次には自分が覚えていないものを自分なりに単語帳を作る方法があります。

1 好きな分野の洋書を読む
2 出て来た単語を調べる
3 例文を書いてみる
4 ノートを作る
5 繰り返し眺める
6 自分に置き換えて、使ってみる

他には、自分の環境であれはどんな単語だろうかと調べてメモする。
そして、単語帳に加えていく。

これらを繰り返していくことができます。

 

他の単語の覚え方

語源で覚えることができます。
re-と作るのは繰り返すというイメージがあります。
repeatなどがそれにあります。

これらをしっかりと意識して覚えておくと大体の単語のイメージが分かります。

どうしても、眺めるだけで不安な方は1日100語程度を覚えると1年後には大体の単語は知っているという状態になります。

 

使えるレベルにする

CDなどで音声を聞いて単語の発音を覚える必要があります。
単語というのは文字では分かりますが、実際に聞くとスッと分からないことがあります。

ここが英会話ができないということでもあります。

CDを聞いて覚えるメリットとは、下記になります。
・ リスニング力が向上する
・ 音読で覚えるよりキレイな発音で記憶ができる

さらに使えるレベルにする方法とは

感情を込めて使ってみることで身体で覚えることができます。
体を動かしながら覚えることもできます。

人に教えてることで記憶を強化させることができます。

簡単に言えば、インプットとアウトプットを並行して行うことで強化できます。
そして、最後に複数の単語で覚えることでイメージがつきます。

一つの単語だけでは、意味だけしか覚えていないことになります。
使えるレベルになることができます。

 - 英語学習