頭がよくなる勉強法はどっち? インターネット時代の英語勉強の仕方 京大流の効率やコツ、計画表を作る方法とは

      2016/10/12

京大卒業。
東大とは違い、スマートでどこか理系の感じがする。
京大生がどのような勉強の考え方で行っているのか。

それをしっかりと考える機会になると思います。

 

どのような考え方か

箇条書きで書いていきたいと思います。
そうなのか、そう考えているのか。

そう思う部分もあります。

1 細かい疑問点は全体像を把握する
2 思考力を鍛えるために他人と議論をする
3 幅広い教養は必要
4 友達と一緒に勉強をした方が良い
5 苦手分野が伸びしろが大きいので克服する
6 問題解決のヒントをもらったら、その場でメモる
7 教えられたことは素直にそのままやってみる
8 難題にぶつかったら他人に相談をしてみる
9 知らない分野については一冊の基本書を精読する
10 やさしい入門書を読む
11 本は好きな場所で読む
12 問題集は1冊を何度も使う
13 本には書き込む
14 教科書は覚えるのではなく、理解することを重視する
15 読み終わった教科書はさっさと捨てる
16 プレゼン資料は穴のない資料を用意する
17 記憶するために音読する
18 ノートは無理に整理をしない
19 英語をマスターするためには多少ラフでも、とにかく表現する
20 英単語は単語帳で例文がたくさん掲載をされているものを使う
21 英語の間違いは、ネイティブに指摘をしてもらう
22 英会話塾は通ったほうがいい
23 英語の読解力は硬い内容の例文集を読む
24 TOEICは必要ない
25 優先をして読むべき本は、自分の専門書
26 勉強は朝型が良い
27 勉強は自分がやる気がある時にやる
28 勉強は時間で区切って、切り上げる
29 電車の移動時間は、何か目的を持って使う
30 勉強計画は多少遊びを持たせて組む
31 復讐はなるべく早い時に
32 模試は無理して受ける必要はない
33 締め切りが課題は、できるだけ前倒しで仕上げる

 

まとめ

読んで見て、少し意外だったのは、英会話塾に通うべきという点。
確かに分かるが、基礎ができないと使っても無意味という意見が多いのだが。

ただ、東大でも京大でも1冊の参考書を使い倒すという意見が多い。
やはり、たくさん買ってしまうということは無意味なのかもしれない。

 - 英語学習本 , , , ,