Google英語勉強法 お金をかけずにネイティブから学べる(1) 英語勉強を無料おすすめアプリでする!教材としてのネット

   

7つのこの英語学習法のメリット

1 お金と時間をかけずに勉強できる
2 ネイティブの「本物の英語」に大量にふれられる 
3 自分の好きな内容を教材にできる
4 「読む」「書く」「聞く」「話す」の4つの力がアップする
5 英作文の「ネイティブ・チェック」ができる
6 便利なGoogleサービスが活用できる
7 検索結果がすぐに出るので勉強が楽しく長続きする
ネットを使った勉強法というものを体系化した本。
確かにネットでなんでも読める、聞ける社会となった。

その意味では、分かっている話だと思うだろう。
しかし、どのサイトをどう使ったらいいのか。

これをしっかりと考えないといけないと思う。

本書の英語勉強法7つのステップ

1 知る Googleの効果的な英文検索技を知る
2 読む ネイティブの英語を検索して読む
3 書く 表現検索をしてネイティブチェックする
4 聞く 動画・音声つきサイトを検索して聞く
5 話す リピート・音読・暗唱で声を出す
6 「読む → 書く → 聞く → 話す」のサイクルを回す
7 4つの力のうち自分の弱いところを集中的に強化する

これらを無料で全部勉強ができるということになります。
特に知ることが重要であると思います。

 

Googleの使い方

検索エンジンで英語で検索をしますが、それをどうやったらいいのか。
それについて検索キーワードの傾向を知りましょう。

1 単数形と複数形は区別される
2 大文字と小文字は区別されない
3 一般的な単語や短い数字、記号は無視される
4 検索キーワードには制限がある
5 実際のページの「キャッシュ」が保存されている
6 検索ヒット数とサイトの信頼性を考える

Google検索テクニック

“keywords” フレーズ検索をする
”USA *sport” ワイルドカードを検索する
+ 検索対象に含める
- キーワードを除外する
~  キーワード類義語

site: サイト指定して検索する
filetype: ファイルの種類を指定して検索する
define: 用語の定義・意味を検索する

ネット検索がで特にサイトを検索をする時に必要なテクニックとなります。
技術によって、調べまくって自分が望むサイトを探すことができるようになります。

特に重要なだと思うのがfiletype:です。

PDFで文章があるものがあり、これが実に読みやすい。
よって、filetype:pdfでやれば出てきます。

 - 英語学習本 ,