TOEICテスト「20分間勉強法」 たった3ヵ月で805点! 1年で920点!  TOEICの傾向が把握できる教材とは、一夜漬けではなく時間配分を考えよう

      2016/09/26

著者は必要にかられて英語の勉強を開始。
当初は7年ぶりの試験スコアは645点。

しかし、時間をたくさんかけることができない。
効率的な学習をなんとか実現をしたいということでタイトルのとおり20分の勉強を継続をしたという内容。

勉強を開始1ヶ月後675点、2ヶ月後765点、3ヶ月後805点を獲得。
そして、1年後には920点まで伸ばしたのです。
そのノウハウを著したのが本書。

 

勉強で重要なのは

公式
目標達成 = 戦略 x モチベーション x 効率

これにより達成をされるという。
その時に英語のような学習は継続をすることが重要。

そして、1日最低20分勉強する。

最初からハードルを高くすることを止めてしまう。
これが一番重要だというのです。
確かに、最初からハードルが高くして後日行わないようになる。

よって、毎日コツコツ行うことを前提としている。

 

TOEICの勉強法

公式問題集に取り組む。
これが最初にやることのようだ。

TOEICの問題パターンを覚えること。
リスニング中心で勉強をする。

発音の勉強は書籍・英語耳がおすすめだという。
>> 英語耳

リーディングは余った時間で対応をする。
問題集を解いて間違えたら、その理由を書き込む。

 

時間配分

時間の使い方を考えて、実行すること。
無限にできるわけではないので、そのことを考えてしっかりと遂行をしていく。

TOEICの勉強に特化をしているので、他の英語の勉強をしない。
よって、ビジネス英語というわけではなくTOEICだけにフォーカスをした勉強をするのだ。

スキマ時間を活用する。
どんな時にも、何かを行っていく。
無理に勉強をせずに、継続を重視をして行う。

勉強のコンディションを考えて、しっかりと寝る。
ぐっすりと寝て睡眠不足になると集中力が落ちるので、それだけは考える。

筋トレと同じで、勉強はブランクを作らないこと。
コンスタントに勉強をすることをしっかりと考える。

問題集はバラして、持ち歩くこと。
また、他にほしいならもう一冊を購入をした方が安上がり。

ストップウォッチを使って、時間を計測する。
それにより、決まったスパンで解答をする。

ノートを作ったりせずに、付箋を貼っていく。

 - 英語学習本 , , ,